コミカルでトリッキーな”ズーちゃん”との生活日記です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
離島の旅から昨日深夜に無事に帰宅しました。
ご心配いただき、みなさんありがとうございました。

島のレポートは最終回です。
今回は、少し鳩間島のことを書いてみたいと思います。
P4290035.jpg
島のメインストリートから桟橋を望むと、向こうには西表島(いりおもてじま)
が遠くに見えます。(直線で6Kmほど離れています)
1周すると4Kmほど、1時間くらいで一周歩けます。
珊瑚礁で囲まれている円形上の形をした半農半漁の島です。魚介類などは、
海からの豊富な恵みはありますが、農作物(主に野菜類)は、塩土を含ん
でいる事とヤギに荒らされるためあまり期待は出来ず定期船の物資に頼って
います。人間社会と共存している、ニワトリ、カラス、スズメがいないのは
こうした環境からなんでしょうか。

P4290039.jpg
写真をクリックして頂くとわかりますが、どこまでも青い珊瑚礁です。

P4290082.jpg
海岸線には、歩いてすぐに降りる事が出来ます。

P4300138.jpg
島の南側には、悲しい記念碑が建立されています。
1941年~1945年当時の、太平洋戦争は八重山では上陸戦は行われ
ませんでした。また、鳩間島では他の島のように空撃も少なかったようです。
しかし、1945年3月以降は他の島と同様、空爆が激しくなっていき、記録
にも無数の爆弾が落とされたとあります。戦死者は戦争マラリアでの被害を
合わせると、鳩間島で100人ほどの人が亡くなったようです。

戦争マラリアと言われ、戦争時の避難地は西表島や石垣島などマラリア有病地
であったため、マラリアが避難住民の間に爆発的に流行し、鳩間島では、
1945年には島の人口560人のうち526人が発病、59人が死亡しました。

鳩間島で水は井戸に頼る時代が続いており、また電気は自家発電によるもの
でした。西表島の海底送水施設が完成したのは1980年。送電の海底ケーブル
が敷設され24時間安定した電力供給ができるようになったのは、1983年の
ことです。島のコミュニティーセンター前には鳩間島水道記念の碑が設置され
ていて、実に昭和55年に水道水が、昭和58年に電気が使えるようになり、
最低限の生活の基盤が出来てまだ30年しか経っていないそんな島です。

民謡『鳩間節』は、この時代のつらい状況をうたった鳩間島の人たちの歌
で、Youtubeでご覧頂けます。

P4290074.jpg
聞く所によると島の人口の約5倍は、野生化したヤギがいるとか?
海岸にも無数のヤギがいます。メェ〜 石垣島のヤギ汁を思いだす(笑)

P4290105.jpg
P4290106.jpg
P4290107.jpg
民宿まるだいさんのリビングには、沢山のアルバムがあり、こんな素敵な
写真を見つけました。この島で育ったカップルのようで何でも島では40年
ぶりの結婚式だとか。いつまでもお幸せに💕

ここまで読んでいると私も瑠璃の島(鳩間島)に行ってみたい!
と思った方も多くいらっしゃると思いますが、どうしてもメンタル的に
大きなハードルを超えられない方にはお勧めできませんので写真で
イメージアップしてくださいね。
基本的に、どこのお宿も同じと思ってください。

P4290067.jpg
この島には、派出所も診療所もありません。なので緊急事態の時には学校
横にあるヘリポートから搬送します。個室の宿もありますが、まるだいさんは
プライバシー殆どゼロです。部屋と廊下の間にも何一つ仕切が無く、
フルオープンです(いわば雑魚寝の宿)。
つまり外からは部屋が丸見えの宿です
宿の良し悪しでも、旅の思い出が変わりますが、この島の魅力でもある
何も無いところを楽しみたい私にはここの宿しか当てはまらないんです^^;

P5010195.jpg
男女兼用のお化粧室です。^^;

P5010196.jpg
男女兼用のバスルームです。^^;

P4300182.jpg
男女兼用のベッドルームです。^^;
寒い時には、雨どいを閉めますが二泊ともオープンで寝ました。
電気をつけると虫が集まってくるので街灯と星空で十分です。
そして、一歩外に出ると、星が降るように見えます。

P4300179.jpg
突然大きな鳴き声で
「キョキョキョキョキョキョ!!」 その姿は「ヤモリ」
寝ていると枕元でも、「キョキョキョキョキョキョ!!」
これがダメな方は、離島の旅行はかなり難しいかも(笑)
食事していても横には、ヤモリ。寝ていても枕元ではヤモリ。
100%どの宿に泊まってもヤモリとフレンドリーになれます(笑)

1泊4日の旅行で、歯磨きは毎日しましたが、ヒゲも剃らず、着替えと
シャワーは1回のみでした(臭〜^^;)

P4300163.jpg
わかりにくいのですが、まるく囲まれているのがアオバトです。


一番初めに訪れた時に、最初誰かが笛の練習をしているのかと思いました^^;

P5010204.jpg
今回の旅で、一番気がかりだったのが、島を訪れるといつも散歩に
付き合ってくれた琉球犬の「カナちゃん12歳♀」
殆ど寝ている時間が多くなり、最近ではあまり動かなくなったようで、
食欲もなく元気がありません。
悲しいけどこれが現実、これで最後の挨拶かもと少し話しをしました。
「ありがとう、おまえもがんばれよ」と言っているように聞こえました。

P5010210.jpg
瑠璃の島を出る時、旅での思い出が走馬灯のように駆け巡ります。
船着き場では、姿が見えなくなるまで大きく手を振って見送ってくれる。
何度も、ここを訪ねるたびに、私もこれからやってくる旅人を迎え、
また出会った旅人を見送ることがここでの習慣になりました。
今日は見送られる立場に。また会えますように。
この島の青く、穏やかな海と島民の優しさと楽しい仲間たちに。

おかえり
いつも預けているバードモアさんは、ゴールデンウィークで予約が
一杯だったので、知り合いに預けてきました。
おとなしくしていたようですが、Yさん面倒ありがとうございました。

P5020091.jpg

banner (4)
いつもありがとうございます
コメント
この記事へのコメント
お帰りなさ~い♪
ズーちゃん1号♪
お利口さんでお留守番、偉かったねぇ⌒(ё)⌒

パパさんは魂の洗濯をしてきたんですねぇ♪
あの何処までも続く透き通った瑠璃色の海のもとで…( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

アオバトの声、とってもステキです☆
夢のような結構式のお写真ですね☆☆
ヤモリもカワイイです(笑)
次回訪れる時もカナちゃんに会えますように☆☆☆
2014/05/02(金) 20:51 | URL | コトリ&すみれママ #-[ 編集]
おかえりなさい~!! 
鳩間島、すごいいいところですね~!!
ヤモリの鳴き声、聞いてみたいです!
アオバトの声、教えてもらわないと鳩の声とは思えないですね~!

ズーちゃんお留守番お疲れ様~!
おともだちちゃんから、海の匂いがしたかな?
2014/05/02(金) 23:18 | URL | 権造おかん #-[ 編集]
パパさんお帰りなさ〜い。
無事にご帰宅ですね(^^)
離島にはヤモリがもれなく付いてくるのですね!?
ビミョーですがきっと大丈夫だと思います‼︎
幼い頃はカエルやトカゲとお友達だったんで…(笑)
2014/05/03(土) 00:12 | URL | アロハヘブン #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/03(土) 01:22 | | #[ 編集]
コトリ&すみれママさん
お風呂は殆ど入りませんでしたが、心の洗濯は毎日出来てとても
美肌になってきました^^;
瑠璃色の海での結婚式なんて素敵なんだろうと思いました。
旅の思い出の最後は、アルバム整理があるのでまだ1週間くらいは
余韻が残りそうです。
2014/05/03(土) 07:39 | URL | ズーちゃんパパ #VGHpASgM[ 編集]
権造おかんさん
朝早くから、「ぷぉ~ ぷぉ~」という、まるで小学生が縦笛の練習をして
いるような鳥の鳴き声が聞こえてきます。これがアオバトでした。
ヤモリは「家守」といって島の方は守り神として大切にされていて、
トトロにでてくる真っ黒クロスケ思いだしました^^;
2014/05/03(土) 07:59 | URL | ズーちゃんパパ #VGHpASgM[ 編集]
アロハヘブンさん
アロハさん、爬虫類大丈夫そうですね。
タイミングがよければ、もれなく枕元ではなく、
顔の上を横切って行きます(笑)
2014/05/03(土) 08:15 | URL | ズーちゃんパパ #VGHpASgM[ 編集]
ズーちゃんパパさん、お帰りなさ~ぃ(^○^)
見れば見るほどイイ所ですね~。キレイな海と大自然。ヤモリは生で見た事ないです。オープンの雑魚寝ってワクワクしませんか?オバケが出たらど~しよう…とか(笑)
ズーちゃんもいっぱい聞きたい事ありそぅですね(^.^)
2014/05/03(土) 11:56 | URL | ゴマ子 #-[ 編集]
ゴマ子さん
移動に約12時間なのですが、なんとなくまだ時差ぼけ感じです^^;
霊感が強い方で、オバケ大好きなので、私変わっているかも(笑)
ズーには、旅での写真を見せていますが、僕行っていないよって
顔して2号を見ています。
2014/05/03(土) 12:52 | URL | ズーちゃんパパ #VGHpASgM[ 編集]
トイレが気になりました・・・

ヤモリか~外ならいいけど・・・枕元とか食事中は・・・

そうそう、八重山は、アメリカが最初から沖縄本島のみを上陸作戦の地としていたんです。アメリカは、ウラン式・プルトニウム式の両原爆を試したかった!?でも、試す場所がなかった。戦争中だから、相手国で試そう。でも、相手国は、大空襲で大打撃。そうだ、神風根性論の国だから、上陸作戦をすれば、総動員戦争体勢をみせるだろう、降伏する時期を遅らせて原爆実験できるかも、でも、それなりの大きさの島で試していかないと。上陸できる島は・・・・・・で、沖縄本島だったのです。本当なら、海辺からも上空からも上陸可能ですから・・・それと、小さな島を攻めても日本の痛手にならないと・・・爆撃するアメリカ兵が、「もう、やめたほうがいいのでは」と、思いつつも進軍したと・・・まったんの兵は、心痛めていたようです。沖縄には、そんな歴史があるんですよね・・・だから、一期一会の出会いを大切にされるのかな・・
2014/05/03(土) 13:32 | URL | おおびるげ #-[ 編集]
おおびるげさん
トイレは、宿泊した民宿は、和式ですが水洗でした。
でも、夜はトイレにもヤモリが沢山いるので勇気がかなりいります。
流石、物知りのおおびるげさんですね、沖縄の歴史ありがとうございます。
民宿には当時、雨乞いをして神を奉っている古い写真があり、蛇口を
ひねればいつでも綺麗な水が飲める時代ではなかったのですね。
2014/05/03(土) 18:22 | URL | ズーちゃんパパ #VGHpASgM[ 編集]
お帰りなさい!
こんな素敵な旅の楽しみ方を堪能出来て幸せ。

ヤモリって鳴くんですか?
泊まってみたい。
でも、船酔いが半端ないので(笑)
辿りつけないでしょう〜。

GW後半はズーちゃんと触れ合いタイムでしょうか?
晴天は今日までみたいですが、楽しい休日を〜♪
2014/05/04(日) 14:46 | URL | 岩のり #.hdhzgyY[ 編集]
岩のりさん
飛行機と船に乗る時には覚悟してます。無事についた時には、
「あぁ生きていた」笑
ヤモリは、かなり甲高い声で鳴くんです。
船酔いは、強い人でも弱い人でもあの高速船では同じなので
みんな大小船酔いします^^;
帰宅してから交代で仕事していますが、明日はまた仕事ですが
6日は休みなのでペット博でも行ってみたいです。
2014/05/04(日) 17:52 | URL | ズーちゃんパパ #VGHpASgM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zoohappy.blog.fc2.com/tb.php/208-3fde76c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。