コミカルでトリッキーな”ズーちゃん”との生活日記です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P6020066.jpg
(2013.6.3の写真)

昨年の2012年6月3日 9年2ヶ月我が家に幸せをくれた
桜文鳥の「ちーちゃん♂」が天国にいきました。
遠くへ旅立ちました。永遠の旅です・・・

前日の2日の21時頃に止まり木に掴まることが出来なくなり
3日の早朝3時に、私の手のひらで静かに息を引き取りました。

人間の場合と同じような最期で、肩で息をするようになり、
体温が下がりはじめ、口をぱくぱくしながら暴れることもなく
ゆっくりと静かに目を閉じ逝ってしまいました。

このときから暫くペットロスを体験しましたが、偶然にも
ズグロシロハラインコの存在を知り、今こうして一周忌法要
をズーと迎えることができて「ちーちゃん」もきっと
喜んでくれていると思います。

画像 233
我が家に来たときは、生後3週間目くらいで保温器の中で
しばらくさし餌でした。外見はスズメみたいですね。

画像 431
半年もすると、立派な頭黒(ズグロ)とホッペの白い可愛い
桜文鳥に成長しました。

_MG_9349.jpg
パソコンのキーボードの上が暖かいのでいつも定位置でした。

087.jpg
7歳の頃に、ときどき過緊張性発作という「てんかんの一種」に
なり、止まり木を低くしたり、また右足の後ろの指が延びきった
ままになったので、止まり木にうまく掴まることが出来なくなり
止まり木や餌箱に、緩衝用にテーピングを施していました。

文鳥の寿命は7,8年と言われる中で、病気を抱えながらも9年間
長生きしました。BIRDMOREの獣医師には、本当にお世話になりました。

お星様になった3日には、獣医師にちーちゃんの亡骸を持って
今後の診察に役立てて欲しいと思い、挨拶をしてきました。
先生やスタッフの方々も目に涙して一礼され、お花まで
いただきました。先生によると苦しまずに、老衰だったようです。

IMG_1172.jpg
(2012.6.3の写真)

告別式が終わり、6月4日に「ちーちゃんは」は火葬されました。
ほんのちょっとの骨になってしまいましたが、いつもピピポっと鳴いていた
硬いくちばしや足は原形をとどめたまま、我が家に戻ってきました。
豆苗と茶色い色をした食べ物が大好きだったのでお供え物としておきました。


そして、実は不思議な体験をしました。
「ちーちゃん」が亡くなる、前日の6月2日(土)
私は、ある資格を取得するために大学の講堂で子供心理学などで
著名な窪寺俊之先生の講義を受けておりました。
その時に、先生が童謡詩人の「金子 みすゞ」さんの「雪」という
詩を紹介をされました。そして、ちーちゃんはその夜に息をひきとりました。


   ”雪”

    だれも知らない野のはてで
    青い小鳥が死にました
    さむいさむいくれがたに

    そのなきがらをうめよとて
    お空は雪をまきました
    ふかくふかく音もなく

    人は知らねど人里の
    家もおともにたちました
    しろいしろいかつぎ着て

    やがてほのぼのあくる朝
    空はみごとに晴れました
    あおくあおくうつくしく

    小さいきれいなたましいの
    神さまのお国へゆくみちを
    ひろくひろくあけようと


misuzu.jpg
これが当日使っていたテキストですが、本当に不思議な体験をしました。


1歳頃になると、求愛ダンスをはじめました。
最初は、何が始まったのかと思いました(*^_^*)


ゲージに入る前には、必ずこうしてパソコンのキーボードの上で
ウトウト。。。。そろそろ寝させて欲しいのサインです。

IMG_0032.jpg
「ちーちゃん」の姿はもうありませんが、いつまでも飼い主と
新しい家族のズーちゃんの心の中で生きています。


banner (4)
いつも応援ありがとうございます
コメント
この記事へのコメント
No title
ちーちゃんは、幸せな一生だったのですね・・・

そう、動物の「てんかん」意外に多いのですよね・・

我が家には、人間の難治性てんかん時がいますが・・・

私の知り合いは、12年を生きてるインコちゃんを飼っていますよ・・・私の愛猫も20年生きました・・・きっと、幸せだったから長生きしたのですね・・・
2013/06/03(月) 18:33 | URL | おおびるげ(ミィフィオ) #-[ 編集]
No title
ちーちゃん、ズーちゃんパパに愛されて、幸せな鳥生だったですね。
すごく偶然なんですが、
去年の6月4日に最愛の兎の権造がお月様に単身赴任に行きました。
ちーちゃんと権造、お空で出会ってたかもしれませんね。
2013/06/03(月) 21:18 | URL | 権造おかん #-[ 編集]
No title
おおびるげ(ミィフィオ)さん
ちーちゃんの事を想ってくださりありがとうございます。
文鳥の中では比較的長生きしたようで、病気は持ってい
ましたが、幸せを沢山くれました。
愛猫がいらっしゃったんですね。大切に育てたおかげで
20年も長生きされたんでしょうね。
2013/06/04(火) 10:14 | URL | ズーちゃんパパ #VGHpASgM[ 編集]
No title
権造おかんさん
ちーちゃんの事を想ってくださりありがとうございます。
同じ頃に、最愛の兎の権造ちゃんを亡くされたのですね。
さぞご家族も悲しまれたことでしょう。「虹の橋」という
動物に捧げられた詩がございますが、きっと権造ちゃんは、
ちーちゃんと遊んでくれていると思います。
2013/06/04(火) 10:20 | URL | ズーちゃんパパ #VGHpASgM[ 編集]
もう1年•••早いですね。
ペットとの別れは必ず来るので、辛いですね。
でもズーちゃんが元気に動き回っている様子は楽しそうで良いですね!

ちーちゃんのクッキリ色具合はうちの(先代)にそっくりです。キャリーの色も形も同じですので、まるで(先代)が病院にいる時のような図•••なんか重なってしまいました。

これからも時々お邪魔させて頂きますね。

2013/06/04(火) 15:21 | URL | ぶんの代理人 #-[ 編集]
No title
ぶんの代理人さん
ちーちゃんの事を想ってくださりありがとうございます。
1年ぶりのご無沙汰です。
ほんとお久しぶりになっていました。
先代ぶんちゃんが亡くなってもう3年くらい経ちましたでしょうか。
NHKに出場したぶんちゃんのビデオは今でも大切に保管しております。
そして、きっと天国でちーちゃんと遊んでくれていると思います。
2013/06/04(火) 17:20 | URL | ズーちゃんパパ #VGHpASgM[ 編集]
No title
生きているということはいつかは必ず死ぬということですね。自分も例外ではなく。
私も先代のちゅけ@ゴシキセイガイインコとは20年べったりでしたので、この子が自分のそばから居なくなるなんて思いもしないことでしたがついにその日が来てしまいました。
私のゴシキは私の手の中で息を引き取りました。
ちーちゃんと同じく老衰でした。29才。がんばってくれました。
ちーちゃんを亡くしたあとにズーちゃんをお迎えしたことは本当に良いことで正しいことだと思います。
なぜなら、ちーちゃんが生前教えてくれた沢山のことは必ずズーちゃんの中で生かされ、それによってちーちゃんもまたズーちゃんの中で生きるのだと思うからです。
私もムサシをお迎えしたことで確実にムサシの中でちゅけは生きていると確信しています。
金子みすずの詩、胸に刺さりました。
長々と失礼しました。
2013/06/04(火) 17:51 | URL | マリオン #-[ 編集]
No title
マリオンさん
ちーちゃんの事を想ってくださりありがとうございます。
マリオンさんも大変辛い時期を乗り越えて今こうして
ムサシちゃんを迎えているのですね。
皆さんも同じ気持ちだと思いますが、ちーちゃんはペット
としての域を超えて家族同然でした。5年を過ぎた頃から
お互いの気持ちが言葉は通じなくてもわかるようになり
ました。ズーなんですが、2日間テーブルの上に置いてあった
カステラには一度も口をつけませんでした。
親ばかですが、なにか通ずるものがあるのかな?(*^_^*)
2013/06/04(火) 18:30 | URL | ズーちゃんパパ #VGHpASgM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zoohappy.blog.fc2.com/tb.php/68-8e3346de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。